あなたはどう見ますか?アメリカのメディアは中国の消費者はiPhoneでなくて微信を欲しがっていると言っています。

2019年10月23日 更新


China iphone

概要

 ポイント


  中新经纬客户端は、中国の消費者はPhoneの機種よりもむしろ微信が使えるかどうかを気にしていることを伝えました。

 アップルの第一期四半期の決算によれば中国の収入は14%減ったが、中国はアップルにとって唯一今期に入って収入が減った地域になります。

 アップルがもし中国市場でいい販売経路を作り多くの人の関心を得るには、自分がiPhoneであることを示すだけではいけないようです。

この記事は你怎么看?美媒称中国消费者宁要微信不要iPhoneの内容を翻訳したものになります。


 中新经纬客户端は6月1日の<华尔街日报>の報道で、世界一のスマートフォンの市場になりつつある中国で、中国の消費者がiPhoneを買い換えたがっていないという別の挑戦にアップルが遭遇していることを報じました。分析官によれば、中国消費者はオペレーションシステムに興味を持つよりも、むしろ微信が使えるかどうかを気にしています。

 アップルの第一期四半期の決算によれば中国の収入は14%減り、5期連続で販売額が減っている中でも、中国はアップルにとって唯一今期に入って収入が減った地域になります。新しいタイプのiPhoneを発表していないこと以外に、アップルは華為・Oppo及びVivoといった中国で市場の半分以上を占めるブランドとの競争に面しています。

 しかし、外界において重要な要素は利用者の持つロイヤリティーにあることが往々にしてあります。アップルは多くの国で成功を収めていて、iOSのオペレーションシステム上で多くの利益を得ることができるでしょう。利用者がAndroidへの機種替えを考える時、新しく全てのアプリをインストールをする手間を考慮することでしょう。モルガン・スタンレーの最近の調査によれば、アメリカでiPhoneを使っている92%の利用者は新しい機種を買う時に、iPhoneを続けて使おうと考えています。利用者の継続性が新型のiPhoneの高値販売を支えています。

 リサーチ会社Stratecheryの創業者であるBen Thompsonは「中国の状況はそれぞれ異なっていますが、多くの消費者はオペレーションシステムをそれほど気にかけておらず、むしろテンセントがユビキタスにした微信を継続して使えるかを気にしています」と言います。

 鍵はiOSにせよAndroidにせよ微信を使えるということです。オペレーションシステムの影響を受けないということは中国の消費者の関心は新しいスマートフォンにではなく、iPhoneを手放すことに多くな迷惑がかからないことにあります。過去1年間で中国の半分のiPhoneユーザーはAndroidに機種変えをした、という調査結果もあります。

 アップルは今年の終わりに新しい製品を発表することを予定していますが、もし中国市場でいい販売経路を作り、多くの人の関心を得るには、自分がiPhoneであることを示すだけではいけないようです。

間違い等ありましたら、こちらまで。