イーロンマスクは電動自動車を作れないかもしれないとバッテリーの専門家は発表しました。

2018年10月24日 更新


Elon mask

概要

 ポイント


  イーロンマスクが電気自動車を作ることはできないかもしれないことを、2名のバッテリーの専門家が発表した。

 バッテリーの問題は高すぎる価格と積載量にある。

 イーロンマスクがどのようにしてこの問題を解決するのかが注目される。

この記事は电池专家称马斯克可能做不成电动卡车の内容を翻訳したものになります。


 wired のウェブサイトが、テスラCEOであるイーロンマスクが電気自動車を作ることはできないかもしれないことを、2名のバッテリーの専門家がいくつかの分析研究で主張したことを報じたことを、网易科技讯は6月2日に報じました。

 イーロンマスクが電動自動車の基盤にして電動バス・電動タクシーを作ると言った計画から、すでに1年近くの期間が経ちました。彼は、ただ Model3 と同じ多さのエンジンを使用することを言ったのみで、9月に発表するという言われているすでに製造された18台の電動自動車に関する具体的なニュースを発表していません。

 もしも難しいと言われている項目に質問を受けていないようだったら、それは彼がイーロンマスクだからです。しかし彼が極めて優れたバッテリー技術を持っていない限り、アメリカの道路を走るディーゼルトラックの代替品を作ることすら出来ないでしょう。これはカーネギーメロン大学の2名の研究者が共同で書いた論文で発見されたポイントで、バッテリーでエネルギーの供給をするトラックは300マイルの走行距離と高い値段の限界を受ける上に、積載容量にも限りがあり、重さの問題のために他の大量の技術を使ってその長距離運送をサポートする必要がある、と彼らは考えています。
 同僚である Shashank Sripad と共同で研究を行った Venkat Viswanathan は、「彼らが直面している挑戦の難易度は電動飛行機を製造するためのそれに劣りません」とも言いました。wired は、この論文はピアレビューを調べる過程で、その論文が数週間内にアメリカ化学学会のマテリアルエナジー雑誌である「ACS Energy Letters」で発表されると報じています。

 2名の研究者は、トラックの平均積載量、平均運送距離及び特定トラック輸送に相関する物理定数・抗力係数・空気密度及び伝送システム全体の効率を含んだ各方面のデータを実験に使いました。イーロンマスクが作ろうとしているのは、全長がトラクタートレーラー並みで毎日300〜600マイル走る車です。

 現在のテスラが持っている技術によれば、テスラの車が運行している時のリチウムイオン電池システムは毎キロ243ワットを使用し、途中で充電をするような状況であれば600マイルを連続して走ることができ、トラックには14トンの電池が必要になるとのことです。900マイルを走るには22トンの電池が必要になります。現在の価格の事情から言えば、そのようなバッテリーの原価は29〜45万ドルの間になります。同じような性能でディーゼルを使用している車の価格は12万ドルになります。
 価格は唯一の問題ではありません。連邦規則は車の総重量を40トン以内にしようとしています。バッテリー・操縦席・トレイラー・タイヤなどの組み立て部分の重量は、研究者の概算によれば、600マイル走ることのでくるテスラは9トンの貨物を運ぶことができます。この数字は現在の車の16トンという平均積載量の3分の2程度にすぎません。効率化至上の考え方からして、電気を推進することによって運用コストや燃料の節約になっても、この問題は解決できません。同時にもしかしたら長距離トラックの運転手が取る休憩時間と充電の時間がかぶるかもしれませんが、大量のバッテリー電池も大きく運用プロセスを悪くします。

 「私たちの論文が指摘したいのは、現在あるリチウムイオン電池のエネルギー容量から考えて、もっと大きいバッテリーを使って最大積載量を増やそうとするのは無理なことです」と Viswanathan は言います。「300から350マイルの走行距離はテスラで車を運転する時の設計標準です。それを超える走行距離に入ると、必要とされる電池量はもっと重くなり、同時にコストも急騰します。」
 確かにそのような走行距離が繰り返しの短い道、例えば港と配送センターを行き来するようならば、それは正しいです。トヨタでさえも、この使用案件からゼロエミッション水素自動車を200マイル走らせる開発を行っています。しかしイーロンマスクはテスラの使用範囲に制限をかける気は無く、かれの目標は全米の各地を一貫して車を走らせることです。

 テスラの広報は開発計画の具体的な詳細を見せることを拒んでいます。もちろん会社のプログラマーがすでに解決方法を考え、イーロンマスクにまた外の世界が言っていることは間違っていることを証明させるだけかもしれません。Viswanathan は、次世代のバッテリー技術はもしかしたら18万ドルで600マイルの走行距離を提供してくれるかもしれないと推測しています。この技術を使えば走行距離を300マイル・600マイル・900マイルそれぞれの積載量を20トン・16トン・12トンにするかもしれません。

 最後に残った問題は、イーロンマスクにはどのような魔力を使ってそれらの問題を解決して電動自動車を作るかと言ったことだけです。

間違い等ありましたら、こちらまで。