5種類の違う表情を持った羊を識別する人工知能ができました

2018年11月18日 更新


Sheep ai

概要

 ポイント


 イギリスのケンブリッジ大学のコンピューター科学者たちが、羊の顔写真から苦痛のレベルを判定する人工知能を作りました。

 この人工知能のアルゴリズムの精度は67%で、人間の識別能力とあまり変わりません。

 今後は羊のみならず、別の動物への応用も行われるでしょう。

この記事は羊脸识别:人工智能可识别羊的五种不同面部表情の内容を翻訳したものになります。


 羊の生活は見ためのように気楽なものではありません。かれらは怪我や感染症にかかることがありますが、かれらは苦しんでいても苦しんでいることを人間の管理員に知らせることはできません。
 最近、獣医たちは顔の表情から羊の苦痛の程度を知る方法を開発しましたが、使う人の使用方法はそれぞれ違い、マニュアルを使おうにも労力がかかります。

 現在イギリスのケンブリッジ大学のコンピューター科学者たちは、この作業を自動化しようとしています。彼らは「羊の顔表情苦痛レベル表」を参考にして、様々なレベルの苦痛と相互関連する幾つかの「頭部動作ユニット(AUs)」を列挙しました。
 紹介によれば、この人工知能のシステムは羊の5種類の違う表情を識別し、苦痛かどうか・苦痛がどれくらい深刻化を評価をしました。カメラは水槽の中に設置し、羊が水を飲むときに彼らの顔を監視しました。もし羊の中で疾病を持つ個体が見つかった場合は、疾病が発生したことを知らせ、牧民に疾病を持った羊をいち早く保護させることができます。
 研究員は手動の方法で得た480枚の羊の写真から鼻の穴の変形や耳の動き及び目の開き具合などを使って、AUsでラベルづけをしました。

 彼らは最初に1台のコンピューターに90%の写真を「餌つけ」させラベリングした後で、そこからアルゴリズムの学習をさせました。その後で、彼らは残った10%の写真でアルゴリズムをテストしました。
 このアルゴリズムのAUsでの平均的な精度は67%で、人間の識別能力の平均とあまり変わらないことを研究は発表しました。研究員たちは6月1日のアメリカワシントン市で電気及び電子プログラマー協会の自動顔・ジェスチャー識別国際会議場で成果を発表しました。
 研究は、耳の動きが最もいい証拠であることを発表しました。学習プログラムを改善した後で、正確性はまた一段高くなりました。

 想定外のラベリング写真を考慮に入れれば、科学者は彼らの方法は他の動物にも応用できることを期待しています。研究員は、質のより高い痛みの診断はより迅速な治療をもたらすと言います。

間違い等ありましたら、こちらまで。