2050年までに無人運転に関係する市場規模は7兆ドルになる?

2019年09月22日 更新


Car

概要

 ポイント


 fortune は、インテル及び市場研究会社 Strategy Analytics が2050年までに無人運転車に関係する市場規模が7兆ドルになるという研究を出したことを報じた

 この研究には旅行や医療などと言った「新しい応用実例」も含まれる。

 無人運転による時間と労力の効率化はそんな単純な問題ではなく、もしかしたら別の問題を引き起こすかもしれない。

この記事は到2050年 无人车相关经济活动规模或达7万亿美元の内容を翻訳したものになります。


 网易科技讯は6月4日に、インテル及び市場研究会社 Strategy Analytics が合同で出した最新の研究によれば2050年までに無人運転車に関係する市場規模が7兆ドル、無人運転車が提供するタクシーサービスの市場規模は4兆ドル、無人運転車が提供する速達及び商業物流サービスの市場規模は3兆ドルにまでなる、と『fortune』がネットでの報じたことを報じました。
 この巨大な数字には、無人運転車が旅行及び医療などの衛生領域などと言った「新しい応用実例」の2030億ドルの市場規模も含まれます。これらの無人運転車には以前では考えられなかった応用も含まれるようになりました。この中にはモバイルヘアサロンやモバイルレストランなどと言ったものも含まれます。

 この研究では一歩進めて、無人運転車ではもっと高い安全性を得ることができ、2035年から2045年の間で、無人運転車は50万人以上の命を救い、同時に公共安全支出を2340ドル減らすという見通しを立てました。
 これらの「乗客経済」は一部の部門の縮小を導くことを、インテルと Strategy Analytics のこの研究は強調まではしませんでしたが、認めました。専門ドライバー、実際の小売店及び変化できなかった自動車製造会社らは全て彼らの仕事の職場と収入を失います。

 指摘されているのは、交通手段のイノベーションが持っている深刻な矛盾がこの研究レポートを複雑なものにしていることです。人類が馬を飼いならした時から全ての新しい交通手段は様々な時間と労力を短縮することで社会を再構築してきたが、私たちが外に出る時にかける時間と労力がそんな簡単に短くなるといったことは無かった、というのは Jevons Paradox という経済現象の1つです。このようなパラドックスの最近の実例は「誘導された需要」で、新しい高速道路は通常できるとすぐに渋滞が起こります。

 インテル及び Strategy Analytics の研究は、無人運転車は最終的に毎年2.5億時間の通勤時間を節約しますが、ある人はこれが逆に「誘導された需要」の原因になるのではないかと認識している人もいます。現在のグローバルの流れは都市化でありますが、無人運転車はオフィスから離れた場所に住んでいる一部の人を強くし、車の中で仕事やロボットにマッサージなどをさせることで、日常で外に旅行に行く時間を増やしてくれるかもしれません。

 無人運転車は、運転の時間がどの時間よりも長い現在の世界を最終的にどのようにしてくれるのでしょうか?もしかしたらこれは効率化の要求に合うかもしれませんが、それはもしかしたら私たちが夢見てきた未来ではないかもしれません。

間違い等ありましたら、こちらまで。